薄毛・白髪対策に核酸サプリメント@核酸のチカラ

 

核酸が持つ育毛パワー

 

核酸というのは、細胞分裂をする役割を持っていることから、老化を防いでくれる存在だといわれています。細胞分裂をして、新しい細胞にしていくため、老化しにくくしたり、症状を和らげたりすることができると考えられています。この核酸というのは、薄毛や白髪に対しても効果が期待できるといわれています。

 

年齢を重ねていくと白髪が増えてしまったり、薄毛の症状が出てしまいやすいのですが、拡散を補うことで予防をすることも可能になります。

 

毛髪というのは、通常であれば、毎日少しずつ伸びていくものです。ですから、大体の人は定期的に美容院などで髪をカットしてもらっていますよね?

 

この毛髪というものも細胞によって構成されています。つまり細胞分裂をしているからこそ、毛髪は成長をしているのです。

 

新しく網が生えてくるのも、毛根が細胞分裂によって作り出されているからです。この細胞分裂の役割を担っているのが核酸なのですから、拡散を食事などで十分に摂取すれば、薄毛などの改善をすることも期待できるということになります。

 

白髪という症状は、色素細胞が死んでしまうことで、色素を作り出すことができずに、毛髪が白くなってしまうことが原因になっています。年齢を重ねていくと、この色素細胞も減っていき、白髪の本数も増えていっています。

 

核酸というのは、この色素細胞も分裂する役割を持っていますから、拡散をしっかり摂取することで、色素細胞の細胞分裂を促進させて、真っ黒な髪の毛を蘇らせやすくすることが可能になるのです。

 

核酸を摂取しつつ、頭皮マッサージをしたり、頭皮環境を改善させるようにすることによって、育毛をしやすくすることもできるようになるでしょう。

肝臓のサポートになる食材や飲み物

肝臓への負担を少しでも減らそうとするのであれば、高たんぱく・低カロリーを普段から心がけるようにしなくてはなりません。そのためにも、バランスの取れている食事を毎日取るようにしなくてはならないですし、適度に運動をして脂肪が蓄えられないようにしていく必要があります。

 

良質のたんぱく質を摂取する

 

肝臓は人間の体の中でもとりわけ再生能力が高くなっています。肝臓を半分手術で失ったとしても、1か月くらいで再生されるほどの再生能力なのです。その肝臓というのは、大半がたんぱく質になっています。ですから、質のいいたんぱく質を摂取するようにして、肝臓の再生力を維持するようにしましょう。

 

また、たんぱく質と同時に必須アミノ酸も摂取するようにすれば、さらに再生しやすくなるでしょう。乳製品や魚、脂身がない肉などを食べるようにすることで、良質のたんぱく質を摂取することも可能です。

 

レバーを食べる

 

レバーというのは、鉄分も豊富ですし、ビタミン類やミネラル、そしてたんぱく質もたくさん含まれています。ですから、肝臓が健康体なのであれば、レバーもこまめに食べるようにしたほうがいいでしょう。

 

青魚

 

青魚というのは、マグロやブリ、サバなどが挙げられます。これらの魚には、DHAやEPAというサプリメントでもおなじみの不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。

 

ゴマ

 

ゴマには、ゴマリグナンといわれる抗酸化作用がある物質がたくさん含まれています。このゴマリグナンを摂取することで、肝機能の働きを良くしてくれますから、食事をするときには5グラムほどのゴマも食べるようにしましょう。

 

緑茶

 

緑茶に含まれているカテキンというのは、肝臓内に存在しているミトコンドリアの活動を活発にさせる作用があります。ミトコンドリアが活発に活動すれば、脂肪の燃焼も促進させることができるのです。

 

ウコン

 

ウコンというのは、二日酔いサプリとしてドリンクタイプでも販売されています。このウコンを摂取すると、お酒を飲んだ時に作り出させるアセトアルデヒドという有害物質の分解速度を速めることができるようになります。ですから、お酒を普段飲むことが多いという人は、ウコンを積極的に摂取しましょう。

 

また、ウコンには脂肪の分解を促進させる胆汁を活発に分泌させてくれる、クルクミンといわれる成分が豊富に含まれています。脂肪肝対策をしたいのであれば、ウコンの中でも秋ウコンを口にするようにしましょう。

 

さつまいも

 

サツマイモの一種であるアヤムラサキには、アントシアニンという成分が豊富に含まれています。アントシアニンはポリフェノールの一つとなっており、抗酸化作用があるだけではなく、肝臓の働きを促進させる作用があるのです。

更新履歴